スポンサードリンク

2009年06月30日

マイケルさんの遺体に肋骨骨折と注射痕が見つかる

今日はカラオケのサービスデーなので、夕食後に行ってきます。

25日に急死したマイケル・ジャクソンさん(50)ですが、
殺害説も浮上するなど、いまだにメディアを騒がせています。

イギリスの大衆紙「サン」がマイケル・ジャクソンさんの
検死報告書を入手したということで、
ショッキングな内容の記事を公表しました。

記事によりますと、マイケルさんの遺体には、
彼を蘇生しようとしたときに生じたとおぼしき
肋骨の骨折が見つかったそうです。

また、胸には心臓にアドレナリンを直接注射した痕だとおぼしき
4つの穴も見つかったとのこと。

生前は注射嫌いだったマイケルさんですが、
腰や太もも、肩に無数の注射の痕もあったということです。

胃の内容物を検査したところ、食べ物のたぐいはまったく見つかっておらず、
消化途中の錠剤だけが残っていたそうです。

また、黒髪のウィッグ(かつら)の下には、うぶ毛程度
の髪の毛しか残されておらず、丸坊主だったそうです。これは薬の副作用かもしれません。

マイケルさんの3人の子供のベビーシッターをしていた
42歳の女性によりますと、
ほとんど食事を採らず、大量の麻薬性鎮痛薬を混在させて飲んでおり、
見た限りでは薬物依存状態だったと証言しています。

このベビーシッターは、薬物依存に対する治療を
母親キャサリンさん(79)や妹で歌手のジャネットさん(43)に
進言しましたが、それを知ったマイケルさんが激怒して
昨年12月解雇されてしまいました。

この女性は、それ以降もたびたび子供の面倒を見にやってきていたそうで、
今年4月には50回のコンサートを行うことについて尋ねたところ、
マイケルさんは「10公演分しかサインしてない」と話したということです。

現在の焦点は、専属医師だったコンラッド・マーレーさん(51)が
マイケルさんに過剰な薬を投与していたのではないか、という疑惑です。

マイケルさんの死は、当分の間は騒がせ続けるようです。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090629-00000030-oric-ent
posted by 語り人 at 18:52| 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

国民激怒!日本郵政問題。西川善文社長が続投決定!

お盆の帰省に備えて日産へ車の整備をお願いしてきました。

29日、日本郵政の定時株主総会が、
東京都千代田区の本社内で開催されました。

唯一の株主である国を代表し、財務省の中村明雄理財局次長が出席し、
西川善文社長らと質疑応答をしました。

その結果、西川善文社長と取締役9人の再任議案が可決・承認されました。
総会後の取締役会でも西川氏の社長続投が決定され、
さらに佐藤勉総務相に取締役の認可を申請したということです。

国営企業から民営化されても、
お役所体質が抜けていないことを露呈した今回の事件。

経営の不透明さは以前から指摘されていました。

それを受けた形で「業務改善報告」には、「経営諮問会議」を新設して、
多角的な監視体制を整える項目が付け加えられたそうです。

いまさら監視を強化といわれても、多くの国民はピンとこないのではないでしょうか。

民営化されるとき、経営監視などの施策はすでに行われていたにも関わらず、
それがまったく機能していなかったということですから。

今回の株主総会にしても薮の中です。
政府と日本郵政の間にどんな話し合いがあったのか、
その詳細を国民に知らされることもありません。

今回の問題は、今年行われるといわれている
総選挙にも大きな影を落としそうです。

現在の西川善文社長を続投するという決定を与党は下したわけです。
これで国民がどのように判断するか。
いわば、与党に対する国民の審判が下ることになります。

日本郵政グループが今後なんらかのスキャンダルが露呈すれば、
与党は苦しい立場に置かれることになります。

逆にいえば、すでに膿を出し切ったと判断し、
あえて西川善文社長の続投を支持したということもいえます。

郵便は国民にとって大切な通信手段ですから、
滞りなく運営してほしいものです。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090629-00000022-mai-bus_all
posted by 語り人 at 13:43| 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

「Windows 7」の販売価格がついに発表

新しいパソコンの下見に週末は石丸電気まで行ってこようかと思います。

26日、マイクロソフトは次期コンシューマ向けOS「Windows 7」の
日本国内における販売価格を発表しました。

すべてオープン価格となりますが、参考価格としては次のようになります。

Ultimate版は、すべての機能を搭載した最上位エディションです。
IT業界やパソコンマニアなどが利用します。
通常版:38,800円・アップグレード版:26,800円

Professional版は、おもにビジネス向け機能を搭載したエディションです。
通常版:37,800円、アップグレード版:25,800円

Home Premium版は、一般家庭で使われることを想定したエディションです。
通常版:24,800円、アップグレード版:15,800円

通常版は普通にインストールできる商品のことです。
アップグレード版は、XPやVistaなどのOSが
あらかじめインストールされているパソコン用の商品となります。

なにを買えばよいかわからないときは、
Home Premium版を選んでおくとよいでしょう。

価格の発表に合わせて「Windows 7 優待アップグレード」を行う
「Windows ありがとう」キャンペーンも開始しました。

今日26日〜7月5日(または在庫がなくなるまで)に
行われるキャンペーンで、
Home Premium版とProfessional版のアップグレード商品を
約半額で購入できます。

たとえば、大手通販サイトの「Amazon.co.jp」では、
Home Premiumのアップグレート版が
通常1万6590円のところを6,999円で購入できます。

このキャンペーンを行っているのは、次の通販サイトです。
あくまでもネット販売のみで店舗では行われていませんので、
ご注意ください。

Amazon/@BEST/インプレスR&Dストア/edion/NTT-X Store/ケーズデンキ
コジマ/Joshin/Soft Direct/ソフマップ/PC DEPOT/ビックカメラ/ヤマダ電機
TWOTOP/ヨドバシカメラ/LICENSE ONLINE/Microsoft Store

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090626-00000007-zdn_ep-sci
ラベル:Windows 7
posted by 語り人 at 16:54| コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

嵐の10周年はベストアルバムと全国ツアー

ベストアルバムを予約しに平安堂へ行ってきたいと思います。

今年でデビュー10周年を迎えた、スーパーアイドルグループ「嵐」が、
ベストアルバムと国立競技場3DAYS公演を行うという
ニュースを発表しました。

今年はデビュー10周年だから、何かあるぞ!!と、
期待していたFANにとってはこれ以上ない嬉しいプレゼントですね。

しかし、嵐はすでにシングル曲を集めたCDを2枚発表しているのですが、
あれはベストには入らないんですね。
初めて知りました。

今まで国立競技場で単独公演を行ったのは、
DREAMS COME TRUEとSMAP、
そして嵐だけのようです。
本当にすごいですね。

SMAPの後を継ぐのはやはり嵐かもしれません。

ちなみに国立競技場のあとは、全国5大ドーム計15公演の
全国ツアーになります。

開催地は福岡、大阪、札幌、東京、名古屋の5都市。
関東圏以外の嵐ファンも安心ですね。

でも、嵐ほど人気となると、
ドームクラスでもチケットは激戦になるかもしれません。

嵐は、この全国ツアーで76万人を動員する予定のようです。
チケットの値段が6500円としても、
49億円超ですね。

すごくないですか?

嵐は、5人グループだから単純計算で9億8000万円稼ぐのですね。

たった1回のツアーで。

ちょっと信じられない数字です。
もちろんその後は、このツアーDVDも発売されますし、
その前にベストアルバムも発売ですね。

嵐は今年いったいいくら稼ぐのでしょうか。
20代半ばから30手前でこんなに稼げる人はなかなかいないでしょう。

嵐はもちろん、それを見出したジャニーズ事務所はすごいと思いました。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090625-00000005-dal-ent
posted by 語り人 at 13:33| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

あやや、あゆ、アムロのブランド?中国で横行する商標登録

中国のお酒「桂花陳酒」を買いに加藤酒店へ行ってきます。

中国でブームになっているのが、企業や個人が、
日本の地名や商品名などあらゆる固有名詞を勝手に
商標登録申請していること。

例を挙げると、「松浦亜弥」という名前の衣料品、
「酒井法子」という名前の化粧品など、
有名人や地名を勝手に「ブランド化」しています。

中国商標局のサイトに掲載されている情報によりますと、
「松浦亜弥」は2004年に香港の会社が、
「衣料品」のブランドとして申請し、
2007年に登録されました。
この権利は2017年まで有効ということです。

申請から認可まで3年という長さにもちょっとびっくりさせられます。
これは中国の商標局は職員がとても少ないため、
対応が極端に遅いということが理由のようです。

逆にいえば、意義を申し立てても、
実際に動き出すまでには時間がかかる、ということ。

中国の商標問題については、日本の自治体も頭を痛めています。
鹿児島県の職員によりますと、
昨年1月に「鹿児島」が公告されているの知り、
すぐに異議を申し立てたそうです。

9件の申請の中で「衣料」と「食品加工」分野の6件が却下されま
した。

しかし、現在使われていない地名「薩摩」は異議が出せずに困っているそうです。

一般的に中国の人々は、日本の商品が高級品というイメージを持っており、
ゆえに日本人の名前や地名を付けて、
消費者をだまそうと考えている人々がいる、という話も出ています。

一方、世界のエンターテインメント市場を調査しているPwC社が
2009〜13年の予測を発表しましたが、
世界平均が年平均2.7%ペースの伸びであるのに対し、
中国はなんと年平均9.5%に達するだろう、と発表しました。

日本のエンターテインメントが中国で普及すればするほど、
標章は今後ますます大きな問題となってくるかもしれませんね。

困ったものです。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090624-00000005-rcdc-cn
ラベル:商標登録
posted by 語り人 at 12:40| 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。