スポンサードリンク

2009年06月23日

全米プロ選手権でタイガーウッズ優勝逃す。

ゴルフクラブの錆落しを買いにコメリへ行ってきました。

アメリカで行われていたゴルフのメジャー大会
「第109回全米プロゴルフ選手権」が終わり、
ルーカス・グローバー選手が見事に栄冠を勝ち取りました。

今大会は悪天候に見舞われ、通常4日間で終了するところ、
5日間に延長されました。
雨にたたられた大会として、世界ゴルフ史に名を残すことになるでしょう。

優勝したルーカス・グローバー選手は、ツアー1勝というキャリア。
ほとんど無名に近く事前の予想でも優勝候補に名前が挙がっておらず、
いわばダークホース的な存在。

度重なる雨による競技中断で、肉体的・精神的な負担は大きかったはずですが、
地道にプレイを続けた甲斐があったというものです。

今大会で優勝に執念を燃やしていたのが、
フィル・ミケルソン選手。全米プロでは4回の2位になっており、
悔しい思いをしています。

また、愛妻が乳がんの手術を受けるということもあり、
ぜひとも優勝したいところでした。

13番パー5でイーグルを奪い、
4アンダーとして首位に並んだミケルソンでしたが、
その後でボギーを叩き、結果として2位フィニッシュ。
これで5回目の2位。

タイガーは初日に大きく崩したスコアが尾を引き、
必死に追い上げにも関わらず6位。

「パターがまったく入らなかった」とコメントしているように、
グリーン上で苦戦しました。
ゴルフでは「ドライバー・イズ・ショウ、パター・イズ・マネー」といわれています。
ドライバーは観客に見せるショット、パターはお金を稼ぐショット、というわけです。

日本人選手は4人出場しましたが、決勝に残ったのは、矢野東選手のみ。
2日目では6位の好位置にいましたが、3日目にスコアを崩し、
結局27位でフィニッシュ。
「来年はアメリカPGAツアーで活躍したい」、と抱負を述べました。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090623-00000410-ism-golf
posted by 語り人 at 14:34| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

ベスト・ファザー賞受賞でもボヤキの野村監督

せっかくの「父の日」なのでサイゼリアで外食してきました。

昨日の「父の日」。各方面でベスト・ファザー賞が発表されました。
プロ野球界も各球団から1人がベスト・ファザー賞に選出されました。

注目を集めたのが、東北楽天ゴールデンイーグルスの野村克也監督(73)。

交流戦最後となる阪神タイガースと甲子園球場で対戦。

プロ初登板のドラフト1位、藤原紘通投手(23)を
先発マウンドに起用しましたが、序盤に失った3点が尾を引き、
4−2で惜敗。
交流戦の結果、9勝15敗の借金6で終えた野村監督、得意のボヤキ開始。

「きょうは継投のミス。
3点差から2点返したんだからチルダースじゃなく小山だった。
しかしチルチルミチル(チルダース)は使いもんにならんな。」

藤原投手に関しては、

「(プロのレベル)が何もない。スピードない、
コントロールない、変化球もない。
まあ、初登板だし大目に見ましょう。」

ボヤキのさなか、ベスト・ファーザー賞受賞を伝えられた野村監督いわく、

「ベストジジィならわかるけどね」

他11球団のベスト・ファーザー賞受賞選手は、次の通り。

石井一(西武ライオンズ)
加藤(オリックス)
金子誠(日本ハム)
井口(ロッテ)
ラミレス(巨人)
桧山(阪神)
川相コーチ(中日)
栗原(広島)
石川(ヤクルト)
杉内(ソフトバンク)
工藤(横浜)

特質すべきは工藤公康投手でしょうね。
46歳になったいまも現役投手として横浜ベイスターズで活躍中です。

現役28年目となる今年の5月25日には、
セ・リーグ最年長勝利投手の記録を打ち立てました。
まさに中高年の星ですね。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090622-00000503-sanspo-base
ラベル:野村監督
posted by 語り人 at 15:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

強盗事件の余波で近畿大学ボクシング部が廃部決定

防犯グッズの下見にイトーヨーカドーへ行ってきます。

近畿大学ボクシング部の現役部員が強盗容疑で逮捕された事件を
受けた近畿大学はボクシング部を廃部することを発表しました。

近畿大学ボクシング部は、昭和18年創部という歴史のあり、
過去には11度もの大学日本一も経験したことがある
名門中の名門ボクシング部でした。

メキシコオリンピックの銅メダリストである森岡栄治さん(故人)、
WBA(世界ボクシング協会)のスーパーフライ級王者の名城信男さん、
現在は俳優として活躍中の赤井英和さんたちも所属していました。

この事件は大阪府東大阪市において、
通行人の男性に因縁をつけて、現金を奪ったとして、
17日に近畿大学2年生でボクシング部員の男子学生2人(19)を
強盗の疑いで逮捕されたことに端を発しています。

大阪市内では5月上旬から2人組の男が現金を奪う事件が
十数件以上も発生しており、
関連性について現在も捜査が進められています。

大学側の廃部という決断を受け、
俳優の赤井英和さん(49)が所属事務所を通じてコメントを発表。

「伝統が消えることは残念で悔しい。
ほかの部員たちは今回のことに負けず、
ボクシングへの情熱を失わないでほしい。」

一方、入部間もない1年生の部員(19)は、

「復活を期待して各自で練習していくしかない。」

と希望を失っていない模様です。

廃部の知らせを受けた塩谷立文部科学相は19日の閣議後会見において、

「誠に遺憾。廃部にまでしなくてよかったのではないか。
18人程度の部員がおり、聞いているところでは、
事件は2人の個人的な問題だと思っている。
まじめにやっている部員もいたので、
すべてをゼロにするのがよかったのだろうか?」

とコメントを発表した。

個の責任は全体の責任、というのはわかるのですが、
一生懸命にボクシングに取り組んでいる部員たちを救済する方法を
探すべきかもしれませんね。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090619-00000526-san-soci
posted by 語り人 at 16:07| 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

いよいよ「インディ・ジョーンズ」5作目の製作開始か?

シリーズ全作のDVDをアマゾンで買いました。

19日から日本で公開されるSF超大作映画『トランスフォーマー/リベンジ』。
車や飛行機がロボットに変形するアニメ作品を実写したシリーズ第2作です。

そのプロモーションのために来日している主演俳優のシャイア・ラブーフ(23)ですが、
ちょっと口が軽いことでも知られており、イギリスの国営放送BBCのインタビューで、
「スピルバーグが『インディ・ジョーンズ』の続編製作に前向きだ」と
うっかり話してしまいました。

シャイアは、昨年公開された19年ぶりとなるシリーズ4作目
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 』に
インディの息子役として出演。

第5作が製作されればもちろん出演が濃厚です。

しかし、軽口に腹を立てたスティーブン・スピルバーグ監督と、
『スターウォーズ』の監督としても知られる製作総指揮のジョージ・ルーカス。
「(シャイアを)シリーズ5作目へは出演させない」とコメントしたとか。

肝心の『インディ・ジョーンズ』シリーズですが、
5作目の製作は実際に進んでいるもようです。

主演のハリソン・フォードも製作陣とミーティングを行ったようで、
やる気まんまんの様子。

なにせ『クリスタル・スカル』での出演料は日本円で62億円。
次作も乗り気なのが理解できます。

ちなみに『クリスタル・スカル』の全世界興行収入は、約718億円でした。

5作目で心配されるのは、ハリソン・フォードの年齢です。
すでに66歳という高齢なため激しいアクションは無理だろう、
といわれています。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090618-00000002-cine-movi
posted by 語り人 at 15:49| 娯楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

茨木県でもインフルエンザ感染者が発見

マツヤでマスクが特売してたので、少し多めに買っておきました。

ここのところ、大きな騒動も起こっておらず、
沈静化したかに見えた新型インフルエンザですが、
その脅威はいまも続いています。

茨木県つくば市に住む研究所職員の男性(35)が、
新型インフルエンザに感染したと発表されました。
茨木県内での感染確認は初めてということです。

県職員によりますと、この男性は今月7日〜13日まで、
アメリカのワシントン州にあるシアトルに出張しましたが、
帰国後の15日に職場で体調不良から帰宅。

翌16日に発熱外来を受診したところ、
インフルエンザ簡易検査でA型陽性反応が出たということです。

現在はつくば市内にある感染症指定医療機関に入院していますが、
容体は安定しているということで不幸中の幸いですね。

アメリカ出張に同行した職場の同僚9人、
帰国後に職場で接触した同僚ら20人には、
感染者は報告されていませんが、
茨木県では、自宅待機と外出の自粛を要請しているとのことです。

海外に目を転じてみると、
アルゼンチンのブエノスアイレス州の保健当局者は16日、
首都ブエノスアイレス近郊の病院に入院していた
28歳の男性が新型インフルエンザで死亡したことを発表しました。

これによってアルゼンチンのインフルエンザ死者は2人になったもようです。

あまり神経質になる必要もありませんが、かといって無防備なのも問題ですね。

人ごみの中に行くときはマスク着用。
帰宅したら、必ず手洗いとうがいをしたほうがよいでしょう。

とくに手洗いは、接触感染の危険を大幅に減らすことができるので、
家族のためにも念入りに手を洗いましょうね。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090617-00000515-san-soci
posted by 語り人 at 18:39| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。