スポンサードリンク

2009年06月09日

不当な弾圧が日本人スポーツ選手を襲う

日曜日の筋肉痛が治りません。ひかり薬局で湿布でも買ってこようかな。

先日のサッカーワールドカップ第2次予選における長谷部誠(25)の
レッドカード退場処分が話題になりましたが、
どうもここ最近、日本人選手にとって
不利を思える出来事が多いように感じます。

フェンシング男子フルーレで北京五輪銀メダルを獲得し、
現在世界ランキング1位の太田雄貴(23)選手は、
海外での試合を終えて凱旋(がいせん)帰国したところ、
アジア選手権の突然の日程変更を告げられ、困惑したということです。

中東の国、カタールで行われるアジア選手権の開催時期を、
当初予定8月から10月にトルコで行われる世界選手権終了後となる
11月まで延期されたのです。

世界ランキングの計算方法ですが、
過去1年間のポイントを加算して、
世界選手権終了後に年間王者が決定します。

つまり、各大陸選手権をすべて終わらせ、
最終の世界選手権で決まる、という仕組みです。

世界選手権が終わったあとで、まだ大会を残しているのは異例のこと。
この決定は、太田選手が世界ランク1位を獲得した
5月になって発表されたのです。

太田選手も談話の中で肩を落としているようです。

「年間王者を取らせないためのイジメかと思った。
あまりに突然だったから。」

競泳会でもいまだに疑惑が残ったままになっています。

イタリアのローマで行われる世界選手権の日本代表19人が
記者会見を開きましたが、
背泳ぎの入江陵介(19)選手は、
先日の協議会において国際水連(FINA)不認可の水着を
着用していたため、せっかくの世界新記録が認められていません。

入江選手は、今回の大会で認可の水着を着用し、
再度世界新記録に挑むようです。

立て続けに起こっているこれらの出来事を見ると、
日本人イジメが横行しているような気分になります。

スポーツなのですから、もっと清々しく運営してほしいと思います。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090609-00000015-dal-spo
ラベル:スポーツ
posted by 語り人 at 19:58| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

衝撃!秋葉原無差別殺傷事件から今日で1年

防犯ブザーくらいは携帯すべきかもしれませんね。
秋葉原で買ってきます。

東京の観光名所としても知られる電気とオタクの街、秋葉原で発生した
無差別殺傷事件が今日で丸1年を迎えました。

罪もない17人の一般市民を殺害、怪我を負わせた犯人の元派遣社員、
加藤智大被告(26)は、現在でも弁護人以外の面会を拒んでいます。

加藤智大被告と会見した弁護人によりますと、拘留中の小菅・東京拘置所にて、
幼い頃の人間関係や事件当日の行動などをつづっているようです。

「(食事は)ちゃんと採っているようだ。
顔色は良さそうなときもあるし、悪いときもある」

事件のおさらいをしてみましょう。

2008年6月8日、歩行者天国でにぎわい日曜日の秋葉原に、
2トントラックで突入した加藤智大容疑者は、
5人の通行人を跳ね飛ばして3人死亡、2人に負傷を負わせました。

車から降りた同容疑者はナイフを手にその場に居合わせた人々
に襲いかかり、4人が亡くなり、8人に負傷を負わせました。

犯行の動機は明確になっていませんが、
生きがいもなく、孤立感を深めていたところへ
携帯サイトへの書き込みを無視されたことが引き金となり、
怒りを爆発させたといわれています。

さらに詳しい動機については、法廷で明らかにされることでしょう。

トラックにはねられた人を救助しているとき、
背中から加藤智大被告のナイフで刺された、
タクシー運転手の湯浅洋さん(55)は、
その傷は肝臓まで達する重傷を負い、
約1カ月半も入院しなければなりませんでした。

昨年10月にタクシー会社へ復職したそうですが、
脇腹の激痛、頭痛、右手のしびれなどの後遺症が発症し、
今年2月から再び休職をしているそうです。

加藤智大容疑者が落とした影に多くに人々がいまでも苦しんでいます。

裁判の行方に注目したいところです。

Yahoo!ニュースURL

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090608-00000045-san-soci
ラベル:秋葉原
posted by 語り人 at 12:28| 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

「釣りバカ日誌」シリーズが12月公開作品で幕引き

週末は久しぶりに釣り堀で釣り糸でも垂らしてこようと思います。

国民的映画として親しまれてきた大人気映画『釣りバカ日誌』シリーズが、
現在撮影中の第22作「釣りバカ日誌20 ファイナル」で、
ついに幕を下ろすことになりました。

西田敏行(61)演じる釣り好きのダメサラリーマンの浜崎(ハマちゃん)と
三國連太郎(86)が演じる勤務先社長の鈴木(スーさん)による
釣りをからめた人情喜劇。

渥美清氏(享年68歳)主演「男はつらいよ」とともに、
松竹を引っ張る看板映画でした。

終了の背景は明らかにされていませんが、
同映画のプロデューサー氏が語るところによりますと、

「すでにやり尽くしたという思いをキャスト、
スタッフが数年前から持っていた。」

しかし、別の理由があるという見方もあります。
1つはキャストの高齢化、もう1つは邦画業界の落ち込みです。

2000年代に入ってから、
『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』
(2003)の興行収入173億円、
「ハウルの動く城」(2004)が196億円など
大ヒット作も出ていますが、
劇場公開やDVD化されない映画が、
年間100本以上もあるといわれており、
邦画冬の時代が続いています。

公開のたびに一定の収入を挙げてきた「釣りバカ日誌」シリーズですが、
ジリ貧に陥る前にいさぎよく終わりにしよう、
という思惑があるのかもしれませんね。

第22作なのに「釣りバカ日誌20」となっているのは、
下記の2作がナンバリングされなかったためです。

第7作「釣りバカ日誌スペシャル」(1994)
第12作「花のお江戸の釣りバカ日誌」(1998)

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090605-00000000-dal-ent
posted by 語り人 at 12:41| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

ビンラディン容疑者がオバマ大統領の中東訪問を非難

マツヤでカップラーメンが特売だったので、買いだめしておきました。

中東問題に新たな動きが生まれつつあるようです。

バラク・オバマ米国大統領(47)は、
中東・ヨーロッパ歴訪の最初の訪問地である
サウジアラビアの首都リヤドに到着し、
アブドラ国王(85)と会見を開きました。

サウジアラビアは、中東におけるアメリカの橋頭保的な立場にあり、
今回の訪問ではさらなる協力を取り付けるのが目的ではないでしょうか。

そんなアメリカの動きをけん制するかのように、
カタールのテレビ局、アルジャジーラは、
国際的テロ組織アルカイダの指導者ウサマ・ビンラディン容疑者のものとされる
録音テープを放送しました。

ビンラディン容疑者は、「米国への憎しみと報復の新たな種をまいている」と非難し、
多くの難民が生まれたことを糾弾したようです。

前政権のブッシュ元大統領は、
任期中に中東問題を最悪な方向に持っていってしまったのは周知の通り。

アルカイダを討伐するためにアフガニスタンへ侵攻。
テロ支援国家と名指しし、
大量破壊兵器を持っているという言いがかりに近い形で
イラクにも戦闘をしかけ、フセイン政権を転覆させました。

結局のところ、イラクから大量破壊兵器は発見できず、
いったいなんのための戦争だったのか、
米国民の間からも疑問の声が噴出しました。

中東問題は、アメリカだけの問題ではありません。
西側諸国の一員として親米の日本は、
いつテロの標的になってもおかしくありません。

一刻も早い対策が望まれます。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090604-00000018-mai-int
posted by 語り人 at 18:31| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

噂の新型ゲーム機「PSP Go」ついに正式発表

子供の誕生日プレゼントを買いにトイザらスまで足を延ばしてみました。

アメリカのL.Aで現在開催されている、
世界最大のゲーム展示会「E3」において、
かねてから噂にのぼっていたソニーの新型ポータブルゲーム機
「PSP Go」が正式に発表されました。

日本では11月1日、価格26,800円での発売が予定されています。

PSPは、Nintendo DSと並び、
世界中のユーザーに利用されている携帯型ゲーム機で、
全世界で5000万台以上を売り上げており、
日本でも1000万台以上が販売されています。

これまでのPSPは、UMDという小型ディスクを収めた
カートリッジを差し込むことでゲームをプレイするスタイルでしたが、
「PSP Go」はカートリッジを使いません。

16GBのメモリーを搭載しており、
ダウンロード販売される予定のゲームソフトを、
インストールしてプレイします。

UMDがなくなった分、PSPに比べて約43%もコンパクト化し、
重さも約108gしかありません。
ポケットやカバンに入れて気軽に持ち運べますね。

PS3と連動する機能も備わっており、
遊び方にさらなる広がりを持たせています。

ソニーはゲーム部門の売り上げが伸び悩んでおり、
毎年赤字を出しています。
特に、鳴り物入りで登場したPS3は製造コストが高いため、
売っても売っても赤字という苦しい状況のようです。

それだけに好調を維持している携帯型ゲーム機分野を
強化しよう
というもくろみが今回の「PSP Go」発売に結びついているのでしょう。

従来のPSPも併売されるので、今後は同じゲームソフトでも、
UMD版、ダウンロード版という2種類で流通することになりそうです。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090603-00000003-maiall-game
ラベル:PSP GO
posted by 語り人 at 12:48| 娯楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。