スポンサードリンク

2009年06月01日

ロジユニヴァースが雨中の日本ダービーで劇的逆転V!

ウインズ浅草へ馬券を買いにいきましたが、すごく混んでいてビックリしました。

日曜日の府中・東京競馬場で第76回日本ダービー
(5月31日、東京10R、GI)が行われ、
ロジユニヴァースが、劇的な復活勝利を挙げました。

勝敗を分けたのは、東京競馬場名物として知られるラストの直線400メートル。
手綱をとる横山典弘騎手(41)は、
最内(コースの一番内)の空いたスペースを見逃さず、
ロジユニヴァースを潜り込ませ、
そのまま素晴らしい末脚で抜け出しました。

ゴールしてみれば2位以下を4馬身も放すという圧勝劇でした。

日曜日の雨で馬場はぬかるみがひどく、
サラブレットにとっては最悪のコンディション。

そのような悪条件ながら4馬身差というのは、
明らかに能力が高いことの証明でしょう。

ロジユニヴァースは、1番人気に押された皐月賞で14着に惨敗し、
今回のダービーでは2番人気とやや評価を落としていました。

1番人気に押された皐月賞馬のアンライバルドですが、12着に惨敗。
今回は立場が逆転した格好になりましたね。

20年前にダ−ビーで初騎乗して以来、
惜しいところで勝利を逃してきた横山典弘騎手も、
初めてのダービー制覇に喜びを隠せない様子。

「ずっと調子が良くないと思っていたんですが…。
本当に、勝つとは思っていなかったので…。
今回は馬に感謝です。」

現在の競馬会は西高東低といわれており、
強い関西馬、弱い関東馬、という図式が一般的でした。

関東馬のロジユニヴァースは、
実に12年ぶりの関東馬ダービー制覇を成し遂げたということもあり、
関東の競馬関係者も喜んでいるようです。

ロジユニヴァースとアンライバルドは、
秋に開催される最後の1冠「菊花賞」に向けて調整されるようです。

いまから楽しみですね。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090601-00000501-sanspo-horse
posted by 語り人 at 20:17| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。