スポンサードリンク

2009年06月09日

不当な弾圧が日本人スポーツ選手を襲う

日曜日の筋肉痛が治りません。ひかり薬局で湿布でも買ってこようかな。

先日のサッカーワールドカップ第2次予選における長谷部誠(25)の
レッドカード退場処分が話題になりましたが、
どうもここ最近、日本人選手にとって
不利を思える出来事が多いように感じます。

フェンシング男子フルーレで北京五輪銀メダルを獲得し、
現在世界ランキング1位の太田雄貴(23)選手は、
海外での試合を終えて凱旋(がいせん)帰国したところ、
アジア選手権の突然の日程変更を告げられ、困惑したということです。

中東の国、カタールで行われるアジア選手権の開催時期を、
当初予定8月から10月にトルコで行われる世界選手権終了後となる
11月まで延期されたのです。

世界ランキングの計算方法ですが、
過去1年間のポイントを加算して、
世界選手権終了後に年間王者が決定します。

つまり、各大陸選手権をすべて終わらせ、
最終の世界選手権で決まる、という仕組みです。

世界選手権が終わったあとで、まだ大会を残しているのは異例のこと。
この決定は、太田選手が世界ランク1位を獲得した
5月になって発表されたのです。

太田選手も談話の中で肩を落としているようです。

「年間王者を取らせないためのイジメかと思った。
あまりに突然だったから。」

競泳会でもいまだに疑惑が残ったままになっています。

イタリアのローマで行われる世界選手権の日本代表19人が
記者会見を開きましたが、
背泳ぎの入江陵介(19)選手は、
先日の協議会において国際水連(FINA)不認可の水着を
着用していたため、せっかくの世界新記録が認められていません。

入江選手は、今回の大会で認可の水着を着用し、
再度世界新記録に挑むようです。

立て続けに起こっているこれらの出来事を見ると、
日本人イジメが横行しているような気分になります。

スポーツなのですから、もっと清々しく運営してほしいと思います。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090609-00000015-dal-spo
ラベル:スポーツ
posted by 語り人 at 19:58| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。