スポンサードリンク

2009年06月30日

マイケルさんの遺体に肋骨骨折と注射痕が見つかる

今日はカラオケのサービスデーなので、夕食後に行ってきます。

25日に急死したマイケル・ジャクソンさん(50)ですが、
殺害説も浮上するなど、いまだにメディアを騒がせています。

イギリスの大衆紙「サン」がマイケル・ジャクソンさんの
検死報告書を入手したということで、
ショッキングな内容の記事を公表しました。

記事によりますと、マイケルさんの遺体には、
彼を蘇生しようとしたときに生じたとおぼしき
肋骨の骨折が見つかったそうです。

また、胸には心臓にアドレナリンを直接注射した痕だとおぼしき
4つの穴も見つかったとのこと。

生前は注射嫌いだったマイケルさんですが、
腰や太もも、肩に無数の注射の痕もあったということです。

胃の内容物を検査したところ、食べ物のたぐいはまったく見つかっておらず、
消化途中の錠剤だけが残っていたそうです。

また、黒髪のウィッグ(かつら)の下には、うぶ毛程度
の髪の毛しか残されておらず、丸坊主だったそうです。これは薬の副作用かもしれません。

マイケルさんの3人の子供のベビーシッターをしていた
42歳の女性によりますと、
ほとんど食事を採らず、大量の麻薬性鎮痛薬を混在させて飲んでおり、
見た限りでは薬物依存状態だったと証言しています。

このベビーシッターは、薬物依存に対する治療を
母親キャサリンさん(79)や妹で歌手のジャネットさん(43)に
進言しましたが、それを知ったマイケルさんが激怒して
昨年12月解雇されてしまいました。

この女性は、それ以降もたびたび子供の面倒を見にやってきていたそうで、
今年4月には50回のコンサートを行うことについて尋ねたところ、
マイケルさんは「10公演分しかサインしてない」と話したということです。

現在の焦点は、専属医師だったコンラッド・マーレーさん(51)が
マイケルさんに過剰な薬を投与していたのではないか、という疑惑です。

マイケルさんの死は、当分の間は騒がせ続けるようです。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090629-00000030-oric-ent
posted by 語り人 at 18:52| 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。