スポンサードリンク

2009年06月17日

茨木県でもインフルエンザ感染者が発見

マツヤでマスクが特売してたので、少し多めに買っておきました。

ここのところ、大きな騒動も起こっておらず、
沈静化したかに見えた新型インフルエンザですが、
その脅威はいまも続いています。

茨木県つくば市に住む研究所職員の男性(35)が、
新型インフルエンザに感染したと発表されました。
茨木県内での感染確認は初めてということです。

県職員によりますと、この男性は今月7日〜13日まで、
アメリカのワシントン州にあるシアトルに出張しましたが、
帰国後の15日に職場で体調不良から帰宅。

翌16日に発熱外来を受診したところ、
インフルエンザ簡易検査でA型陽性反応が出たということです。

現在はつくば市内にある感染症指定医療機関に入院していますが、
容体は安定しているということで不幸中の幸いですね。

アメリカ出張に同行した職場の同僚9人、
帰国後に職場で接触した同僚ら20人には、
感染者は報告されていませんが、
茨木県では、自宅待機と外出の自粛を要請しているとのことです。

海外に目を転じてみると、
アルゼンチンのブエノスアイレス州の保健当局者は16日、
首都ブエノスアイレス近郊の病院に入院していた
28歳の男性が新型インフルエンザで死亡したことを発表しました。

これによってアルゼンチンのインフルエンザ死者は2人になったもようです。

あまり神経質になる必要もありませんが、かといって無防備なのも問題ですね。

人ごみの中に行くときはマスク着用。
帰宅したら、必ず手洗いとうがいをしたほうがよいでしょう。

とくに手洗いは、接触感染の危険を大幅に減らすことができるので、
家族のためにも念入りに手を洗いましょうね。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090617-00000515-san-soci
posted by 語り人 at 18:39| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

東京と川崎で新型インフルエンザ感染者確認

感染と品不足が怖いので、ドラッグストアでマスクを買いだめしておきました。

ついに、関東で新型インフルエンザの感染者が確認されました。
東京都八王子市に住み、神奈川県川崎市の学校に通う16歳の女子生徒と、
同じ高校に通う川崎市在住の女子生徒(16)です。

2人は19日にアメリカのニューヨークから帰国したばかり。
滞在先のホテルでは同室だった模様です。

帰国の飛行機内で発熱や悪寒を訴え、
成田空港に到着後、すぐに簡易検査が実施されましたが、
そこでは陰性ということで帰宅したようです。

ところが、発熱や喉の痛みが治まらず
八王子市内の病院で再検査したところ、
新型インフルエンザが確認されたとのこと。

現在は病状も落ち着いているということですから、
不幸中の幸いというべきでしょう。

女子学生は学校のレクリエーションの一環として渡米し、
同行していた教師や同級生も感染している可能性もあるようです。

彼女がニューヨークのどこを立ちまわったのかは、
現在聞き取り調査を行っている模様。

24時間眠らない街として大勢の人でごったがえしている
ニューヨークですから、どこで感染したのかを特定するのは、
困難かもしれません。

成田空港での簡易検査をパスしたわけですが、
これはやむをえないようです。

陽性反応が出るには、感染後しばらく経過しないとわからないとのこと。
成田空港で旅客全員のDNA鑑定をするわけにもいきませんから、
水際防止措置が完全でないことが明らかになりました。
国のしっかりとした対策が待たれるところです。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090521-00000072-sph-soci
posted by 語り人 at 13:20| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。