スポンサードリンク

2009年06月23日

全米プロ選手権でタイガーウッズ優勝逃す。

ゴルフクラブの錆落しを買いにコメリへ行ってきました。

アメリカで行われていたゴルフのメジャー大会
「第109回全米プロゴルフ選手権」が終わり、
ルーカス・グローバー選手が見事に栄冠を勝ち取りました。

今大会は悪天候に見舞われ、通常4日間で終了するところ、
5日間に延長されました。
雨にたたられた大会として、世界ゴルフ史に名を残すことになるでしょう。

優勝したルーカス・グローバー選手は、ツアー1勝というキャリア。
ほとんど無名に近く事前の予想でも優勝候補に名前が挙がっておらず、
いわばダークホース的な存在。

度重なる雨による競技中断で、肉体的・精神的な負担は大きかったはずですが、
地道にプレイを続けた甲斐があったというものです。

今大会で優勝に執念を燃やしていたのが、
フィル・ミケルソン選手。全米プロでは4回の2位になっており、
悔しい思いをしています。

また、愛妻が乳がんの手術を受けるということもあり、
ぜひとも優勝したいところでした。

13番パー5でイーグルを奪い、
4アンダーとして首位に並んだミケルソンでしたが、
その後でボギーを叩き、結果として2位フィニッシュ。
これで5回目の2位。

タイガーは初日に大きく崩したスコアが尾を引き、
必死に追い上げにも関わらず6位。

「パターがまったく入らなかった」とコメントしているように、
グリーン上で苦戦しました。
ゴルフでは「ドライバー・イズ・ショウ、パター・イズ・マネー」といわれています。
ドライバーは観客に見せるショット、パターはお金を稼ぐショット、というわけです。

日本人選手は4人出場しましたが、決勝に残ったのは、矢野東選手のみ。
2日目では6位の好位置にいましたが、3日目にスコアを崩し、
結局27位でフィニッシュ。
「来年はアメリカPGAツアーで活躍したい」、と抱負を述べました。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090623-00000410-ism-golf
posted by 語り人 at 14:34| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

ベスト・ファザー賞受賞でもボヤキの野村監督

せっかくの「父の日」なのでサイゼリアで外食してきました。

昨日の「父の日」。各方面でベスト・ファザー賞が発表されました。
プロ野球界も各球団から1人がベスト・ファザー賞に選出されました。

注目を集めたのが、東北楽天ゴールデンイーグルスの野村克也監督(73)。

交流戦最後となる阪神タイガースと甲子園球場で対戦。

プロ初登板のドラフト1位、藤原紘通投手(23)を
先発マウンドに起用しましたが、序盤に失った3点が尾を引き、
4−2で惜敗。
交流戦の結果、9勝15敗の借金6で終えた野村監督、得意のボヤキ開始。

「きょうは継投のミス。
3点差から2点返したんだからチルダースじゃなく小山だった。
しかしチルチルミチル(チルダース)は使いもんにならんな。」

藤原投手に関しては、

「(プロのレベル)が何もない。スピードない、
コントロールない、変化球もない。
まあ、初登板だし大目に見ましょう。」

ボヤキのさなか、ベスト・ファーザー賞受賞を伝えられた野村監督いわく、

「ベストジジィならわかるけどね」

他11球団のベスト・ファーザー賞受賞選手は、次の通り。

石井一(西武ライオンズ)
加藤(オリックス)
金子誠(日本ハム)
井口(ロッテ)
ラミレス(巨人)
桧山(阪神)
川相コーチ(中日)
栗原(広島)
石川(ヤクルト)
杉内(ソフトバンク)
工藤(横浜)

特質すべきは工藤公康投手でしょうね。
46歳になったいまも現役投手として横浜ベイスターズで活躍中です。

現役28年目となる今年の5月25日には、
セ・リーグ最年長勝利投手の記録を打ち立てました。
まさに中高年の星ですね。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090622-00000503-sanspo-base
ラベル:野村監督
posted by 語り人 at 15:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

不当な弾圧が日本人スポーツ選手を襲う

日曜日の筋肉痛が治りません。ひかり薬局で湿布でも買ってこようかな。

先日のサッカーワールドカップ第2次予選における長谷部誠(25)の
レッドカード退場処分が話題になりましたが、
どうもここ最近、日本人選手にとって
不利を思える出来事が多いように感じます。

フェンシング男子フルーレで北京五輪銀メダルを獲得し、
現在世界ランキング1位の太田雄貴(23)選手は、
海外での試合を終えて凱旋(がいせん)帰国したところ、
アジア選手権の突然の日程変更を告げられ、困惑したということです。

中東の国、カタールで行われるアジア選手権の開催時期を、
当初予定8月から10月にトルコで行われる世界選手権終了後となる
11月まで延期されたのです。

世界ランキングの計算方法ですが、
過去1年間のポイントを加算して、
世界選手権終了後に年間王者が決定します。

つまり、各大陸選手権をすべて終わらせ、
最終の世界選手権で決まる、という仕組みです。

世界選手権が終わったあとで、まだ大会を残しているのは異例のこと。
この決定は、太田選手が世界ランク1位を獲得した
5月になって発表されたのです。

太田選手も談話の中で肩を落としているようです。

「年間王者を取らせないためのイジメかと思った。
あまりに突然だったから。」

競泳会でもいまだに疑惑が残ったままになっています。

イタリアのローマで行われる世界選手権の日本代表19人が
記者会見を開きましたが、
背泳ぎの入江陵介(19)選手は、
先日の協議会において国際水連(FINA)不認可の水着を
着用していたため、せっかくの世界新記録が認められていません。

入江選手は、今回の大会で認可の水着を着用し、
再度世界新記録に挑むようです。

立て続けに起こっているこれらの出来事を見ると、
日本人イジメが横行しているような気分になります。

スポーツなのですから、もっと清々しく運営してほしいと思います。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090609-00000015-dal-spo
ラベル:スポーツ
posted by 語り人 at 19:58| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

ロジユニヴァースが雨中の日本ダービーで劇的逆転V!

ウインズ浅草へ馬券を買いにいきましたが、すごく混んでいてビックリしました。

日曜日の府中・東京競馬場で第76回日本ダービー
(5月31日、東京10R、GI)が行われ、
ロジユニヴァースが、劇的な復活勝利を挙げました。

勝敗を分けたのは、東京競馬場名物として知られるラストの直線400メートル。
手綱をとる横山典弘騎手(41)は、
最内(コースの一番内)の空いたスペースを見逃さず、
ロジユニヴァースを潜り込ませ、
そのまま素晴らしい末脚で抜け出しました。

ゴールしてみれば2位以下を4馬身も放すという圧勝劇でした。

日曜日の雨で馬場はぬかるみがひどく、
サラブレットにとっては最悪のコンディション。

そのような悪条件ながら4馬身差というのは、
明らかに能力が高いことの証明でしょう。

ロジユニヴァースは、1番人気に押された皐月賞で14着に惨敗し、
今回のダービーでは2番人気とやや評価を落としていました。

1番人気に押された皐月賞馬のアンライバルドですが、12着に惨敗。
今回は立場が逆転した格好になりましたね。

20年前にダ−ビーで初騎乗して以来、
惜しいところで勝利を逃してきた横山典弘騎手も、
初めてのダービー制覇に喜びを隠せない様子。

「ずっと調子が良くないと思っていたんですが…。
本当に、勝つとは思っていなかったので…。
今回は馬に感謝です。」

現在の競馬会は西高東低といわれており、
強い関西馬、弱い関東馬、という図式が一般的でした。

関東馬のロジユニヴァースは、
実に12年ぶりの関東馬ダービー制覇を成し遂げたということもあり、
関東の競馬関係者も喜んでいるようです。

ロジユニヴァースとアンライバルドは、
秋に開催される最後の1冠「菊花賞」に向けて調整されるようです。

いまから楽しみですね。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090601-00000501-sanspo-horse
posted by 語り人 at 20:17| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

オークス勝って2冠馬ブエナビスタは最強牝馬へ!

馬券を採ったら笑笑で豪勢な食事でもしたいなぁ。

3歳馬のみに出走の機会が与えられる競馬のG1クラシックレース。
24日、3歳牝馬(メス)のみが出場できる第70回「オークス」が
東京競馬場で開催されました。

17頭の牝馬が、優勝賞金9700万円とG1優勝の栄誉をかけて、
府中の東京競馬場芝コース2400メートルを駆け抜けます。
牝馬限定としては2400メートルは、長距離に位置づけされており、
スタミナはもちろん、瞬発力も求められる過酷です。

今回の注目は4月に行われたクラシックレース「桜花賞」を勝った
ブエナビスタの走り。
現役最強牝馬の呼び声も高いブエナビスタですが、
下馬評の通りに素晴らしい走りを披露してくれました。

雨のため、芝のコンディションは決してよいとはいえない東京競馬場でしたが、
スタートから後方に控えていたブエナビスタは、騎手の安藤勝己の追い出しに
応えて、強烈な末脚を披露。
上がり3ハロン(600メートル)が33秒6。
これはオークス出場の17頭で最高のタイムでした。

これでブエナビスタは2冠馬となり、
秋に行われる「秋華賞」に勝てば3冠馬の栄冠に輝くことになります。

ブエナビスタ陣営は、世界の競馬界でもっとも栄誉があるといわれている、
フランスのG1「凱旋門賞」に挑戦させることを発表しました。

これまでにも日本馬は8頭が挑戦しましたが、
1999年の第78回大会における、
エルコンドルパサー(牡馬)の2位が最高着順となっています。

はたしてブエナビスタは、日本馬初の凱旋門賞制覇となるでしょうか。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090525-00000051-spn-horse
posted by 語り人 at 15:59| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。