スポンサードリンク

2009年06月15日

官僚の意識希薄!郵便不正問題で相次ぐ厚労省職員の逮捕

中央郵便局で記念切手を買ってきました。

郵便不正問題にゆれる政治の世界ですが、収まる気配はありません。

ニセの障害者団体証明書作成に関与したとして、
厚生労働省の均等・児童家庭局長のである村木厚子容疑者(53)を、
虚偽公文書作成、同行使容疑で逮捕しました。

あわせて、当時部下だった障害保健福祉部企画課係長・上村勉(39)、
凛の会元メンバー・河野克史(68)容疑者、
凛の会元会長の倉沢邦夫被告(73)も再逮捕されたそうです。

この事件は、自称障害者団体「凛(りん)の会」(現在は解散)が
郵便割引制度を適用できるよう厚生労働省がニセの公文書が作成した問題です。

2004年6月上旬ごろ、上村容疑者たちと共謀して
「凛の会」を障害者団体と認める内容虚偽の証明書を作成。

河野容疑者たちが同年6月10日頃、
東京都の日本橋郵便局(当時)に証明書を提出して
利用した疑いがもたれています。

逮捕された村木容疑者は1978年に旧労働省に入省したキャリア組。
同省障害者雇用対策課長や女性政策課長を歴任して、
2003年8月〜2005年9月に厚労省障害保健福祉部企画課長を務め、
2008年7月から現職に就いています。

証明書発行は、当時の障害保健福祉部長(57)が、

「国会議員から電話があった。うまくやってくれ。」

と指示を出したこともあきらかになっています。

ここで浮上しているのが、中央省庁におけるキャリア問題です。
課長職以上のポストは、キャリア組で占められており、
一方指示される側になった上村容疑者はノンキャリア組です。

同僚たちも上村勉容疑者について、

「仕事一筋でまじめな性格だった。」

といっていることから上村容疑者が、
キャリア組の思惑の巻き込まれてしまったという側面があるようです。

それにしても我が物顔で権力を行使する政治家や中央省庁の職員たち。
国に奉仕するのは仕事なのではないでしょうか。

大きな勘違いをしている方々が多いようですね。

情けない限りです。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090615-00000526-san-soci
posted by 語り人 at 19:19| 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

エールフランス機事故で急がれるブラックボックスの回収

旅行を計画中なので保険についてJTBでパンフレットをもらってきました。

ブラジルからフランスのパリへ向かっていた途中に墜落した
エールフランス航空のジャンボ旅客機447便ですが、
乗員・乗客228名のうち、数体の遺体が発見されており、
最悪の事態になったのは確定的になりました。

このような事故を2度と起こさないためにも、
事故原因の究明が待たれるところですが、
その際に必要となる飛行記録やパイロットの肉声を記録した
ブラックボックスがどこにあるのか、わからないようです。

フランス海軍は、原子力潜水艦「エメラルド」を出動させ、
現場海域を探索しているのですが、いまだに成果が上がっていません。

ブラックボックスは1ヶ月間だけ信号を発信するので、
その間に見つけないとダメです。

予想によりますと、ブラックボックスは、
深度4,000〜10,000メートル付近の深海に
あるのではないか、とみられています。

保険大手アクサの発表によりますと、
今回の事故で遺族に支払われる賠償金は少なく見積もっても、
1人当たり15万ドルになるといわれており、
過去最高のレベルに達する見込みだそうです。

金額の大小にかかわらず、
遺族たちの悲しみが癒えるわけではありませんが、
それにしても安く感じてしまいます。

補償額ですが、国際的に定まっており、「ワルソー条約」と呼ばれています。
国際航空運送に適用されるもので、損害賠償責任の限度額が決められいます。
もちろん、日本も批准しています。

1,000万円は大金ですが、人の命の値段として妥当なのでしょうか。
今回の事件でいろいろと考えさせられました。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090611-00000014-nna-int
posted by 語り人 at 20:15| 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

衝撃!秋葉原無差別殺傷事件から今日で1年

防犯ブザーくらいは携帯すべきかもしれませんね。
秋葉原で買ってきます。

東京の観光名所としても知られる電気とオタクの街、秋葉原で発生した
無差別殺傷事件が今日で丸1年を迎えました。

罪もない17人の一般市民を殺害、怪我を負わせた犯人の元派遣社員、
加藤智大被告(26)は、現在でも弁護人以外の面会を拒んでいます。

加藤智大被告と会見した弁護人によりますと、拘留中の小菅・東京拘置所にて、
幼い頃の人間関係や事件当日の行動などをつづっているようです。

「(食事は)ちゃんと採っているようだ。
顔色は良さそうなときもあるし、悪いときもある」

事件のおさらいをしてみましょう。

2008年6月8日、歩行者天国でにぎわい日曜日の秋葉原に、
2トントラックで突入した加藤智大容疑者は、
5人の通行人を跳ね飛ばして3人死亡、2人に負傷を負わせました。

車から降りた同容疑者はナイフを手にその場に居合わせた人々
に襲いかかり、4人が亡くなり、8人に負傷を負わせました。

犯行の動機は明確になっていませんが、
生きがいもなく、孤立感を深めていたところへ
携帯サイトへの書き込みを無視されたことが引き金となり、
怒りを爆発させたといわれています。

さらに詳しい動機については、法廷で明らかにされることでしょう。

トラックにはねられた人を救助しているとき、
背中から加藤智大被告のナイフで刺された、
タクシー運転手の湯浅洋さん(55)は、
その傷は肝臓まで達する重傷を負い、
約1カ月半も入院しなければなりませんでした。

昨年10月にタクシー会社へ復職したそうですが、
脇腹の激痛、頭痛、右手のしびれなどの後遺症が発症し、
今年2月から再び休職をしているそうです。

加藤智大容疑者が落とした影に多くに人々がいまでも苦しんでいます。

裁判の行方に注目したいところです。

Yahoo!ニュースURL

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090608-00000045-san-soci
タグ:秋葉原
posted by 語り人 at 12:28| 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

加古川7人刺殺事件で極刑の死刑判決

地域社会の治安について、町内会の集まりに行ってきました。

29日、平成16年に発生した兵庫県加古川市の7人刺殺事件の公判が、
神戸地裁で開廷され神戸地裁の岡田信裁判長は、
被告人の藤城康孝(52)に対して求刑通り死刑を言い渡しました。

この事件は平成16年8月2日未明、
兵庫県加古川市でおばや親せきなど7人を刃物で刺し、
大型金づちで殴打するなど、残虐きわまりない殺人事件として、
世間を騒がせました。

今回の裁判における最大の争点は、藤城被告に責任能力があったか、
という点です。
岡田信裁判長は、精神鑑定の結果から責任能力は完全に備わっていた、
とする検察側の主張を全面的に受け入れ、

「情緒不安定の人格障害はあったが、完全選任能力があった」と認定。

藤城被告が幼少期のころから、
本家にあたるとし子さんらから「分家」として見下されていたことや、
知人の工員藤城利彦さん(当時64)一家とは、車の駐車方法で争いとなるなど、
長年にわたって確執やトラブルがあったことも認めたうえで、

「強固な殺意に基づく冷酷で残忍な犯行。七人もの生命が奪った責任は重大。
犯行後の自己を正当化する態度が見られ、極刑に処するしかない」と断じました。

抵抗できないお年寄りたちの命を、無残な暴力で奪い去った藤城被告。
極刑も当然でしょう。

しかし、今回の判決を受けて弁護側は控訴する構えのようです。

日本の治安は世界一と言われていますが、
それにしても最近は無残な事件が多い気がします。

しかも、被害者は弱いお年寄りや子供というケースが目立っています。
大きな問題が起こる前に、警察と地域住民が、
綿密に協力しあうような仕組みが求められているのかもしれません。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090529-00000534-san-soci
タグ:加古川 死刑
posted by 語り人 at 21:16| 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。